トップ / インターネットが切れる原因とは

インターネット,共有

インターネットが切れる原因

インターネットが頻繁に切れる場合は、無線LANを使用している場合はアクセスポイントとの距離が遠かったり、間に遮蔽物があるということが原因となっている場合があります。また、パソコン近くに他の電化製品が置いてあったり、自宅近くに放送局がある場合など周囲の強い電波が原因となっていることも考えられます。無線LANを使用していない場合はモデムやルーターなどの機器にトラブルが発生している可能性がありますので、インターネットを使っていて頻繁に切れることで悩んでいるという方は、これらの点について確認してみてはいかがでしょうか。

インターネットが切れる理由

パソコンでインターネットを利用する場合、ADSL回線と光回線を比較した場合では、どのような違いが有るのかと言いますと、ADSL回線では基地局の距離が近いほど回線に繋がり安いと言われてます。基地局が3km以上離れてる場合、回線の繋がり状態が悪く途中で切れる事があります。そして光回線の場合は、基地局に関係なく回線の繋がりが安定した状態になり、回線速度も上りインターネットの回線が切れる事は非常に少なくなります。ずっと使えていたPCで回線が、いきなり繋がらなくなる場合は、ルータやモデムに原因がある場合もあります。PC自体の原因で、回線が頻繁に繋がらないと言う場合、PCの初期化をする事で、直る事もあります。

↑PAGE TOP