トップ / インターネットの起源と背景

インターネット,共有

インターネットの起源と始まり

インターネットの起源は、1960年代にアメリカの国防総省と大学、研究機関によって開発されたパケット通信サービスを原型としています。パケット通信サービスとは、伝送するデータを小荷物のように一塊にして、それを電気信号によって遠隔地の端末に送信するという形態です。最初は、アメリカの軍用技術で用いられたものでしたが、それを商用インターネットにも使えるように転換して普及することとなりました。その後の一般人向けのPCのOSの進展に伴って世界に急速に広がり、関連の通信施設や基地局も整備されて、全世界に広がることとなり、無くてはならないものとなったのです。

インターネットの起源に関して

今や私たちの生活に欠かすことの出来ないインターネットですが、その起源は1957年までさかのぼります。同年、アメリカ合衆国で軍事利用のために「高等研究計画局」を設立します。アルファベットの略称では「ARPA」といいます。その後核戦争に耐えられる強固な通信システムの研究が進められ、1969年に現在のインターネットの起源とされる「ARFANET」が開始されました。その後、1974年に現在私たちが慣れ親しんでいるネット環境の仕組みが構築され、時代とともに改良が進められて今に至ります。これは、今後ますます私たちの生活に欠かせないものとなっていくでしょう。

↑PAGE TOP