トップ / インターネットとキャッシュ

インターネット,共有

インターネットのキャッシュとは

Webサイトなどを閲覧する状況において、インターネットブラウザはキャッシュと呼ばれるページ情報を保持する傾向にあり、次に同じWebサイトを開いた際の読み込み処理を軽減する目的として用いられています。その多くはブラウザごとで固有に保存されているものとなっていて、Webサイトの更新が行われるまでは保存してある情報を部分的に代用する形で処理と通信を簡略化します。しかし、この仕組み上の理由からページが正常に表示されなくなる場合も考えられ、改善するにはキャッシュを手動で削除するなどの対策が必要となるでしょう。インターネットのことで分からないことはweb上に多く情報が載っており、検索すればすぐ調べられるので便利です。

キャッシュとはどういうものか

インターネットにおけるキャッシュとは、一度読み込んだデータをストックしておくシステム、またはそれによってストックされたデータそのもののことを指します。同じデータを何度も利用する場合に、ストックしておいたデータを利用することによって何度も読み込む手間と時間を省くというわけです。現在インターネットでは大容量の画像や音声、あるいは動画ファイルが扱われるに至っています。キャッシュを利用することによって、利用しない場合と比べて格段に待ち時間を短縮できるのです。しかし、あまり閲覧しないサイトのデータもストックされるとかえってブラウザにとって負担になりますので、時々ブラウザの操作で消去すると良いでしょう。

↑PAGE TOP