トップ / 葬儀は小規模が主流に

インターネット,共有

葬儀の際の服装の決まりとは?

葬儀では喪服を着るものですが、正式なものはモーニングや和装となります。しかし、参列者のほうは略式で構いません。お通夜には、ダークなカラーのスーツを着ます。この際には、濃紺や濃い目のグレーを選び、ネクタイや靴も同色を選びます。葬儀は黒にし、肌をなるべく見せないようにするのが礼儀です。冬の場合、コートを着用しても構いませんが、室内では脱ぐようにします。また、毛皮は殺生を意味するので、ふさわしくないとされています。

↑PAGE TOP